動画を明るくする方法及びおすすめアプリ・ソフト4選

暗いところで撮影した動画を再生すると、暗くてはっきり見えないでしょう。その動画を明るくしなければせっかくのいい動画が台無しになってしまいます。どうすれば暗い動画を明るくすることができますか?今回の記事では詳しく皆さんに説明していこうと思います。

無料ダウンロード
動画を明るくする方法

動画の明るさを調整するアプリ・ソフト

BeeCut

BeeCutは使い方がとても簡単な動画編集ソフトであり、トリミング、回転反転、音楽やテキスト、透かし、モザイクなどの追加、フィルターやエフェクト、オーバーレイ、切り替え効果の適用、逆再生、PIP、写真スライドショー、コマ送り動画の作成など、様々な実用的な編集機能が備えられています。動画の明るさを調整する方法は以下です。

  1. 以下のボタンを押してBeeCutをダウンロードしてインストールします。その後立ち上げます。
    無料ダウンロード
  2. アスペクト比(画面比率)を選んでメイン画面に入ります。「インポート」をクリック、または動画をメディアエリアにドラッグ&ドロップして導入します。
  3. マウスを動画の上に置くと「+」が現れ、それをクリックして動画をビデオトラックに載せます。
    ビデオトラックに載せる
  4. ビデオトラック上の動画を右クリックして「編集」を選んだら、動画調整のパネルが現れます。「輝度」の調整バーを右にドラッグすると、暗いビデオを明るくすることができます。その後「OK」を押して変更を確認します。
    動画を明るくする
  5. プレビューして問題がなければ、「出力」>「ビデオを出力」の順にクリックして動画を保存します。

VideoShow

たくさんのテーマやエフェクト、音声素材、豊富な編集機能が用意されているVideoShowは、使いやすい操作方法のおかげで、たくさんの愛用者がいます。有料の機能もありますが、無料機能だけで一般の動画の作成が十分です。暗い動画を明るくする方法は以下です。

  1. 動画を明るくするアプリVideoShowをスマホにインストールします。その後起動します。
  2. 「動画編集」をタップして動画を選んで導入します。「クリップ編集」>「調整」の順にタップすれば調整パネルが現れます。一番左の輝度調整バーを上にスワイプして動画の明るさを補正することが可能です。その後右上隅にあるチェックマークをタップして変更を確認します。
  3. 最後に、動画を出力して保存します。
    VideoShow
    1. ご注意:VideoShowの調整機能はVIP会員しか利用できません。

      VivaVideo

      VivaVideoはたくさんのYouTuberさんも使っている動画編集アプリであり、動画から音楽を抽出して適用や、様々な主題、PIPやアフレコ、字幕、モザイク、透かしの追加など、比較的に高度な編集機能が備えられています。スマホで動画を作成したいならこの一本で十分です。使い方は以下です。

      1. 動画を明るくする無料アプリVivaVideoをスマホにインストールして起動します。
      2. 「編集」を選び、スマホから明るくしたい動画を選択してインポートします。
      3. 「調整」をタップして動画の調整パネルが表示されます。輝度の調整バーを右にスワイプしてビデオを明るくします。右下隅にあるチェックマークをタップして変更を確認します。
      4. 最後に右上の「保存」をタップして動画をスマホに保存します。
        VivaVideo

      ご注意:無料ユーザーは動画を720p、480pとGIFで保存することしかできます。

      最後に

      スマホやPCで動画を明るくする方法を以上紹介しました。どれでも使い方が非常に簡単なので、お好きなものを選択してください。「BeeCut」は有料ソフトですが、無料でも全機能を利用でき、制限などが一切ありません。ただし出力された動画に透かしが付いています。「VideoShow」の明るさ調整機能は有料ですので、VIP会員にならなければなりません。「VivaVideo」は動画編集アプリの中でおすすめしたい多機能のアプリです。

評価: 4.3 / 5 (合計29人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者: Zoe Green 投稿日: カテゴリ: 編集動画. 前回更新日:2019/10/30

コメント 0

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

コメント 0

BeeCutを無料入手

無料ダウンロード

ご愛用頂くと思います!

アプリケーションを使用
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る