ビデオをスローモーションに変換する方法
コメント

ビデオをスローモーションに変換する方法

前回更新 2018/12/11 更新者

スローモーションにした動画は今だんだん人気になって来ました。1秒あたりのフレーム数が少ないため、最小の動きでも綺麗ではっきり表示されることができ、手動で再生する必要がありません。大多数の方々はスローモーション動画でスポーツショットや思い出深いこと、面白いこと、失敗した行為さえを強調するために使用しています。しかし、全てのスマートフォンやビデオカメラがスローモーション機能を持っているわけではありません。幸いに動画をスローモーションにする簡単で効率的な方法があります。これら素晴らしいツールを利用して、どんな種類の一般的な動画をスローモーションに変換することができます。以下のソフト名をクリックして詳しい情報にジャンプしてご覧下さい。

無料で動画スロー再生する4つの方法

ApowerEditを利用

普通のスピードの動画をスローモーションに変えて、字幕やオーバーレイも追加したければ、ApowerEditはその問題を解決できる素敵なソフトです。このソフトは使いやすくて素晴らしい機能:カット、結合、ファイルを分割、回転、スピードや彩度、輝度、色合いを調整、モザイクを追加などを持っています。また数多くの綺麗なテキストスタイル、オーバーレイ、切り替え効果とフィルターテンプレートを提供しております。それらを利用してあなたの個性的なビデオやオーディオ、画像を作ることができます。あなたは合理化のインターフェイスと高度な編集のタイムラインが好きになるかもしれません。

ApowerEditを使ってビデオをスローモーションにする方法:

  1. 「ダウンロード」ボタンをクリックしてソフトをダウンロードします。それからウィザードに従ってPCにインストールします。

    無料ダウンロード

  2. ソフトを起動し、左上の「インポート」をクリック、或いは動画を直接に赤枠の範囲にドラッグ&ドロップして追加します。

    ビデオを追加

  3. 動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして、右クリックして「編集」を選び、またはダブルクリックして、編集パネルが表示されます。「スピード」のスライドバーをドラッグして速度を調整します。終わったら「OK」をクリックします。

    タイムラインにドラッグ

    スピードを変える

  4. 「出力」>「ビデオを出力」をクリックして、フォーマットや解像度を選んだ後で保存します。

    出力

    出力設定

Video Grabberを利用

コンピューターにプログラムをインストールしたくなければ、Video Grabberは必要なものです。名前自体から、それはウェブベースのアプリケーションであることが分かります。でもこのツールを過小評価しないで下さい。100%フリー以外に、他の素晴らしい機能も持っています。このソフトは動画を他のフォーマットに変換や、様々なメディア出力をサポート、動画編集などを行うことができます。

このツールを使って動画のスピードを遅くする方法は簡単です。手順は以下の通りです:

  1. Video Grabberのサイトにアクセスして、「動画変換」をクリックします。「ファイルを選択して起動」をクリックして動画を選びます。初めて利用する場合に起動ツールをダウンロードする必要があります。

    動画を追加

  2. 動画をアップロードしたら、鉛筆型アイコンをクリックして編集画面が表示されます。一番下の「再生速度」で50%または25%を選択したらいいです。終わったら「OK」をクリックします。

    編集パネルに入る

    ビデオの速度を変える

  3. 出力フォーマットを変更したければ、「形式」をクリックしてフォーマットを選びます。それから「変換」をクリックして完成です。

    形式を選んで出力

  4. 一方、オフラインで実行する動画変換ソフトを必要だとしたら、動画変換マスターを試してください。この超高速動画変換ソフトは、他のところで見つけることができない素晴らしい機能が満載です。これは強力的なマルチメディアプレーヤー、ビデオダウンローダ、スクリーン録画、ビデオやオーディオを変換と柔軟な動画編集機能があります。また無劣化でビデオを遅く再生することができます。

    無料ダウンロード

mp3careを利用

動画をスローモーションに変えるもう1つの試す価値があるツールはmp3careです。1つ目のアプリケーションと似て、オンラインで使え、コンピューターにインストール必要がありません。動画のスピードを変える他にmp3careはオーディオや動画の形式を変換とオンラインで動画を回転することができます。

mp3careを使って動画をスローモーションにする方法は簡単です:

  1. mp3careのホームページにアクセスして、下にスクロールして「Video slow motion」をクリックします。

    video slow motion

  2. 「Select file」をクリックして、スローモーションにしたい動画をアップロードします。動画の最大サイズは100MBに制限されます。

    動画をインポート

  3. 「0.5倍速(遅い)」または「0.25倍速(とても遅い)」を選んで動画のスピードを変えます。「CONVERT」をクリックしたら変換し始めます。終わったら「Download File」をクリックして、ポップアップした別のウィンドウにプレビューができます。赤枠に囲まれたアイコンをクリックして「ダウンロード」をクリックしたらPCに保存します。

    動画のスピードを選択

    スローモーションに変換

    ダウンロードのリンクをクリック

    ダウンロード

Movie Makerを利用

MicrosoftのMovie Makerも素敵な動画をスロー再生できるソフトです。Windows 7を実行しているほとんどのPCにはMovie Makerが搭載されていますが、Windows 8.1を実行している場合は、MicrosoftのWebサイトでソフトをダウンロードすることをお勧めします。悲しいことにWindows 10を使用している場合は、Movie Makerがお使いのOSと互換性がないことに驚きます。Movie MakerをWindows 10上で動作させるには、Windows Essentials 2012をダウンロードする必要があります。PCにMovie Makerをダウンロードしてインストールすると、動画スロー再生できるソフトに変わります。

使い方:

  1. Movie Makerを起動して「ビデオおよび写真を追加」をクリックします。動画を追加したら、ツールバーでの「編集」をクリックします。

    動画を追加

    動画を編集

  2. 「速度」のドロップダウンメニューで、0.5倍速から0.125倍速までのスローモーションオプションを選びます。

    速度を変える

  3. 「ムービーの保存」をクリックして、適切な解像度を選択します。ファイル名を付けてから「保存」をクリックしてPCに保存します。

    動画を保存

まとめ

実は、ビデオのスピードを遅くする方法は他にもたくさんあります。mp3careは無料でシンプルなツールです。ただし100MBの制限により、小さな動画にしか利用できません。Movie Makerの編集機能が多いですが、使用する前に、互換性のあるバージョンをダウンロードしインストールする必要があります。

動画をスローモーションに変えるフリー動画変換ソフトが必要だとしたら、Video Grabberは完璧です。それは動画のサイズや時間の制限が無いわけです。より強力的な編集機能と迅速なファイル変換には、動画変換マスターまたはApowerEditのいずれは完璧です。

評価: 4.8 / 5 (合計29人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者 2018/08/27関連カテゴリ:編集動画, Twitterでフォロー前回更新 2018/12/11

コメント 0

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

コメント 0

new
アプリケーションを使用
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る