Mac用の動画編集ソフトベスト4
コメント

Mac用の動画編集ソフトベスト4

前回更新 2020/02/10 更新者

過去には、映画会社の専門家だけがビデオを制作していましたが、動画編集ソフトが普及されている今は殆ど誰でも動画を作成できます。今の動画編集ソフトはだんだん簡単になっていますが、Windowsユーザーと比べると、Macユーザーが利用できる動画編集ソフトはかなり少ないと思います。ですから、MacユーザーのためにMac用の動画編集ソフトをおすすめしたいと思います。

Macの動画編集ソフト

BeeCut

対応OS:Windows、Mac OS、Android、iOS

BeeCutは動画編集機能が豊富に備えられており、操作が非常に簡単なMacで使える動画編集ソフトです。動画のカットや結合、回転や反転、テキストや透かしの追加、エフェクトやフィルタの適用などの操作はもちろん、PIP(プクチャーインピクチャー)、映画エンドロール、写真スライドショーも手軽に作成できます。

BeeCut

16:9、9:16(スマホ縦動画)、4:3、3:4、1:1(Instagram動画)全部で5種類の画面比率を提供していて、今とても流行っているTikTokへ直接に投稿できる動画を作成できます。

無料ダウンロード

メリット:

  • シンプルなインタフェース、使い方が簡単
  • 画面比率をたくさん提供している
  • 異なるデバイスで利用できる

デメリット:

  • 無料版で出力された動画に透かしがある

iMovie

対応OS:Mac OS、iOS

iMovieはMac、iOSユーザーなら、誰でも知っているMacの無料動画編集ソフトです。MacBookやiPhone、iPadにプリインストールされています。美しいアニメーションのタイトルやクレジットの追加、スペシャルなエフェクトやフィルタの適用、4k解像度のビデオの出力などが簡単にできます。

iMovie

メリット:

  • 無料で使える
  • ダウンロードとインストール不要

デメリット:

  • テキストの編集が弱い
  • Mac OSとiOSユーザーしか使えない

VideoPad

対応OS:Windows、Mac OS、Android、iOS

VideoPadは比較的に簡単に操作ができるMac向けの動画編集ソフトです。一般的な編集機能を除いて、音声の編集、手振れ修正、クロマキーなどの高度な編集機能も備えています。さらに、DVDディスクへの書き出しやYouTube、Facebookへの投稿機能も用意されています。

VideoPad

メリット:

  • 編集機能がたくさんある
  • 作成された動画をDVDに焼くことができる

デメリット:

  • 無料版には、一部の機能が使えない

Final Cut Pro X

対応OS:Windows、Mac OS

もっとプロフェッショナルな動画編集ソフトが必要な場合、Final Cut Pro XというMacビデオ編集ソフトがオススメです。プロ用の動画編集ツールがたくさん備えられており、360°ビデオの編集、高度なカラーグレーディング、オープニングとエンドロールの作成などを行うことができます。

Final Cut Pro X

メリット:

  • 高度な編集機能を持っている
  • 単純な編集をサクサクできる

デメリット:

  • 異常終了がたまにある
  • 無料版で作った動画にはロゴがある

最後に

以上Mac向けのビデオエディターを4本紹介しました。初心者にBeeCutを一番お勧めしたいです。直感的に操作できて、基本から高度な編集機能までを持っています。もっと上級の動画編集ソフトが欲しいなら、Final Cut Pro Xを試してみてください。

評価: 4.3 / 5 (合計28人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者 2019/03/19関連カテゴリ:編集動画, Twitterでフォロー前回更新 2020/02/10

コメント 0

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

コメント 0

new
アプリケーションを使用
シェア
レビュー
コメント
トップに戻る